足立区生涯学習センター 若者チャレンジ事業

足立区生涯学習センター
 

足立区生涯学習センター 若者チャレンジ事業

HOME事業案内>若者チャレンジ事業

若者チャレンジ事業

「企業における生涯学習関心度調査」(2013年3月)

【チャレンジャー・・・新楽 森香さん(獨協大学)】
区内の企業に協力をいただいて実施した「生涯学習に関する関心度調査」に、大学生がチャレンジしました。区内学習施設の利用促進、サービス向上につなげることを目的とした調査事業として、企業経営者への事業説明と調査への協力依頼、アンケートデータの入力フォーム作り・入力作業・集計などを大学生が担当しました。社会人であってもなかなか体験できない貴重な経験をすることができ、家族や社会人に対して尊敬の気持ちがわいてきたようです。

「「楽しくハングルマスター」(2012年4月〜7月)

【チャレンジャー・・・ペ ユンジさん(獨協大学)】
中学生のときから日本で暮らしている韓国の学生が、韓国語講座にチャレンジしました。受講生の質問や要望に臨機応変に対応している様子がすばらしく、ユニークなゲームを取り入れるなど、楽しく講座を進めていました。

「楽しく遊ぼう初めての韓国語A・B」(2011年9月〜12月)

【チャレンジャー・・・李 顕珠さん(獨協大学)】
韓国からの留学生が、初めてハングルを学ぶ方を対象とした韓国語講座にチャレンジしました。
「この講座を通して、韓国語の基礎をしっかりと身に付けていただきたい」という講師の一生懸命な思いが受講生に伝わり、楽しく充実した講座となりました。

「中国プチ旅行のための中文講座」(2011年6月〜7月)

【チャレンジャー・・・竹内友理さん(獨協大学)】
中国に留学経験のある学生が中国語講師にチャレンジしました。中国留学の体験なども交えながら、「買い物」や「タクシーに乗る」、「道を尋ねる」など旅行に必要な簡単な会話をとおして文法や発音を学びました。

「キレイになるごはん」(2011年2月)

【チャレンジャー・・・早稲田大学学生団体 食育サークル「未来の食卓」メンバー】
“食”について学んでいる学生団体のメンバーが、美容と健康の視点から“食”に関するさまざまな知識や情報を紹介しました。簡単な体質チェックアンケートやレシピの紹介、試食も行い、食について新たな発見のある楽しい講座でした。

「はじめてのじっくり楽々韓国語 第2期」(2010年11月〜2011年2月)

【チャレンジャー・・・康 大玉さん(獨協大学)、李 秀永さん(東洋大学)】
韓国からの現役留学生(メイン講師、サブ講師の二人)による初心者のための韓国語講座でした。前回好評だった韓国語講座の第2期として、さらに内容を充実させて開催しました。座学のほかに、韓国のお正月料理にも挑戦し、和気あいあいと楽しい講座でした。

「大学生とLet'English」 《開催中》

【チャレンジャー・・・松尾 高治さん(麗澤大学)、他 麗澤大学学生有志】
現役留学生と一緒に“えいごdeゲーム”を楽しみながら、小学生に英語への親しみを感じていただく講座でした。
日本人大学生と現役留学生が、毎回工夫しながら、元気いっぱいに子どもたちと触れ合う楽しい講座となりました。
【参加者の声】
●いろいろなえいごがおぼえてたのしかった(子ども)
●先生がおもしろかった(子ども)
●毎週楽しくレッスンに参加させていただいています。先生方もなれてきてさらに楽しくなってきたようです。
また次回も楽しみにしています。(親)

「はじめてのじっくり楽々韓国語」(2010年4月〜2010年6月)

【チャレンジャー・・・康 大玉さん(獨協大学)】
韓国からの現役留学生による初心者のための韓国語講座です。 ゲームや料理を通して、みんなで楽しく韓国語の基礎を学びました。 工夫された教材とともに、若い講師の一生懸命さが受講生に伝わり、回を重ねるごとにコミュニケーションが深まるなかで、受講生、講師ともに喜んでいただける講座となりました。
講座の様子(写真)
【参加者の声】
●先生が明るく魅力があり、あきさせない講座でした。
 (50代女性)
●最初はどうなるのかと思いましたが、楽しく勉強することができました。(30代女性)
●以前から韓国語講座で夜間の部を探していました。(50代女性)
【講師の声】
●大勢の人を対象に講座をすることは初めての経験でした。講座の内容や進め方、教材など、
職員の方と毎回打合せをしながら工夫・準備し、楽しく講座を進めることができました。

「盛り上がるレクリエーションネタ講座」(2009年11月〜12月)

【チャレンジャー・・・小西 克典さん(文教大学)】
様々なボランティア活動を通してレクリエーションのスキルを蓄積してきた現役大学生が、そのおもしろさや有効性、日常的な活用をみんなに伝えたいという思いから、この事業に応募し、実施した講座です。 じゃんけんゲームや手遊びなど楽しいプログラムのほかに、新しいレクリエーションをみんなで考えて発表するなど、実践的な活用につながる楽しい講座でした。
【参加者の声】
●沢山のレクを教えていただき、今後の生活に役立てそうです。(30代女性)
●1回目よりも2回目、2回目よりも3回目…と(講師の)話す口調や、説明がどんどん分かりやすくなって…本当にどの授業もすっごく楽しかったです。(20代女性)
●何よりも楽しかった!!自分自身のストレス解消(40代女性)
●「レク」という事の楽しさ、大事さ、大切さ…より感じました。コミュニケーションの大事さは万国共通ですね。それを伝えていきたいです。(20代女性)
●若いリーダーを育てるという意味でとてもよい取り組みだと思います。(30代男性)
【講師の声】
●参加者は少なかったけれど、みなさんに支えられてとても楽しく講座をすることが出来ました。ありがとうございました。

ぁ崔羚餮豺嶌其羈敝堯廖文什潦催中)

【チャレンジャー・・・趙 星優さん(明治大学)】
ハングルをとおして、若者から見た韓国の文化について日本の皆さんに伝えたいと、現役留学生が実施した講座です。 カラオケ、k-POP、軍隊など、毎回テーマを設定し、初歩的な会話を中心に講師の体験を交えながら、毎回楽しい話題で盛り上がりました。
韓国語を通して、新たなコミュニティの広がりにつながった講座でした。 継続的、発展的な講座として、同講師による「おかえり教室韓国語サロン」を開催しています。(2010年4月〜9月末まで開催)
【参加者の声】
●韓国の講師の人と対面して教わったのははじめてなので新鮮で楽しかったです。現在の若者の気持ちや文化的な背景に触れて興味深かった。
●韓国の文化が知れました。少しハングルが分かるようになりました。
●韓国事情、軍隊へいった方しかわからない話、もっと聞きたかったです
【講師の声】
●大勢の方を前にして韓国語を教えることは初めてのことでした。毎回緊張しましたが、とてもよい勉強になりました。

「快楽中文」(2009年7月)

【チャレンジャー・・・染谷 泰輔さん(北京外語大学)】
北京に留学中の日本人大学生が、中国での生活を通して発見した日常生活の中の驚きや魅力を伝える場として、また学習成果の力試しの場として実施した初級者向きの中国語講座です。
学生が日本に戻ってくる夏休み期間を活用して実施しました。
中国語を通して、日本の若者からみた中国の魅力が受講生に伝わるとともに、テキストや教え方について、毎回講師の成長が見られ、受講生と講師の双方が一緒に創り上げていった講座でした。
【参加者の声】
●若者から見た北京の話を聞けてよかったです。
●最初は(講師に)戸惑いも見られましたが、2回目以降は先生のペースにてテンポ良く教わりました。
事業案内
各種事業
あだちサークルフェア
おはよう・おかえり教室
若者チャレンジ事業
インターンシップ事業
学習支援事業
ボランティアが運営する事業
ミニコミ誌「ピア・ナビ」
足立区生涯学習センター
〒120-0034
東京都足立区千住5-13-5
TEL:03-5813-3730
FAX:03-3870-8407
指定管理者:
あだち学びときずな創造事業体

お問い合わせ
関連施設 足立区 中央本町地域学習センター 梅田地域学習センター 東和地域学習センター 舎人地域学習センター 鹿浜地域学習センター 竹の塚地域学習センター